頭皮と薄毛のサイン

頭皮をチェックするうえっで、温度はポイントになります。頭皮に温度はわきの下などの体温よりはやや低く、弾力がある部分は頭皮温度は高くなり、血流が悪いところは低くなるようです。血行が悪い頭皮は毛根への栄養が行き届きにくくなるため、頭皮温度を把握することで、はげ薄毛になりやすい部分がわかるのです。いっぱんに頭皮が張っていて硬い部分は、温度が低く、血行がいい部分は高くなっています。

測定のポイントは前頭部・頭頂部の温度が低いと薄くなりやすいのです。東部では一般に頭頂部がほかの部位よりも低くなっていますが、注意の温度や運動などにより変化しやすく、暑い夏や運動した直後などには、頭頂温度が高くなっています。安静時にはむしろ低くなっていることが多いです。

測定には頭皮温度計を使いうますが、赤外線温度計やサーミスタ温度計で髪が薄くなりやすい、部位や、ほかの部位を測定して温度差がどのくらいなのか調べることで、薄毛にりやすい状況や、血流の不足などがわかるので、育毛の対策になっていきますとよね。

そのほか、育毛・発毛に関する情報はこちらを参考にしてください。